キャンプ場での盗難被害多発!!防犯対策はしたほうがいいの?

スポンサーリンク

近年アウトドアブームの中、慣れてる人もこれから始めたい人も楽しみたいものですよね。

いざ、キャンプ場へ!
楽しい時間の始まりですよ

家族や友人、一人でも、いろんなパターンがあると思います。

そんな楽しいはずの場所でも犯罪を犯す人はいます。
キャンプ場のサイトでの盗難事件!?

正直、私も考えられません。が・・実際に起きます。
安心しきっていると痛い目見ますよ。

今回は、楽しい時間を守るためにも防犯対策をしておけば
盗難予防につながるかもしれない!!

ぜひ、この記事を参考に対策してはいかがですか

スポンサーリンク

実際にキャンプ場で起きた盗難事件とその被害

スポンサーリンク

盗難の統計 一例

とりあえずこれを見てください。

ゆう
このツイートを見たとき、面白いって思ったよ。変な意味ではなくて、統計を取れば被害に遭う人はいると証明してる。

確かに、全票数はあまり多くないです。

これだけ見れば、何もしなくても怖くはない!!・・とか思いませんでしたか?でも、0%じゃないことだけは知っていてください。

せっかく楽しいはずのキャンプを台無しにされれば、腹が立ちます!

嫌な思い出で終わってしまうことが一番嫌です。

だからこその対策だと考えてください。

実際の盗難事件、被害

ヘリノックス盗難事件 

22時頃就寝して、朝5頃起床。

起きてテントから出たその時、違和感に気づく?!

椅子がない・・

←この2脚だそうです。               

参照サイト:https://campblog.info/kokoroe/tounan

ゆう
怖いですね。

ちなみに黒よりのグレー的な話らしいんですが、そのあとこの椅子は某ネットオークションに出されたらしいです。

証拠はないですけど・・

許すまじ!!

犯人役
今回の件みたいなのは・・
ゆう
え?

何してるんですか?(笑)

犯人役
いやっ汗

今回は、犯人役するから合わせて!!

とりあえずこれ見て!!

泥棒のポイント
・「安全性」・・人目に付きにくいか、逃げれるか?

・「容易性」・・簡単かどうか、所要時間は? 

・「確実性」・・儲けが出るかどうか?

犯人役
僕たちならこう考えて盗むよ、捕まりたくないからね

それに、泥棒って人種は例え捕まっても再犯率が約50%もあるんだよ。

夜中の寝静まっているときの犯行が、より成功率が高い!!そう判断した

ゆう
え?(笑)

めちゃくちゃ犯人役してますね!

これだけの、泥棒のプロではなくても感じたことはないですか?

フリーサイトで無防備に置かれている椅子やランタン、そして高価そうなものがいつでも取れそうな、そんな感じを・・

思い付きでやってしまう犯罪の心理みたいなものは、絶対に後悔しか残りません。

そして、それらを止める

そもそも起こさせないためにも対策はいるんじゃないかと思います。

犯人役
そうさ!俺たち泥棒のプロでも、5分以上は使いたくないからな!

キャンプ場の特徴で盗難防犯対策!

キャンプ場は、できれば区画分けされたところのほうがいいです。

やっぱりフリーサイトや無料で使えるキャンプ場は、人の出入りが自由なため怪しい人物が特定できない点が挙げられます。

まあ別に、区画されてれば絶対安心ってこともないのでフリーや無料といったところは自由が利くのでいいと思います。

言っていることが矛盾するかもしれませんが、上で見た統計を考えても盗に難会う確率は多くありません。

それに、純粋にキャンプを楽しむうえで自然との共存という意味ではそういったところのほうがいい場合もあります。

だた備えで、頭に入れていてほしいということです。

被害は年々増えている。

で、初心者や家族連れなんかは高規格キャンプがやっぱりおすすめになるかもしれません。

ゆう
あっ!これぜひキャンプ場の参考にどうぞ!!

キャンプ場では、そういった対策なんかが取れたりします。

楽しいアウトドア計画をキャンプ場から考えてみてはどうでしょう。

盗難の対策や、防犯のための対策グッズ紹介

ゆう
じゃあ、実際に本格的な盗難対策ってどうすの?
犯人役
正直、泥棒としては何もないほうがありがたいが。

じゃ、いくつか取りにくくする方法を教えよう!

サイトには人影を置いておく

自分たちの区画や物を広げてあるスペースから、そもそも人が離れることが望ましくないがそんなことは言ってられない。

なんたって音楽フェスだったら行くでしょう。

温泉や観光地、その場を離れる要素は沢山あります。

先も書いている通り、小物関係特に椅子やランタン、ダッチオーブンなんかが標的にされやすい。

犯人役
特に高価なものなんかは最高だよ

ので、出かけるときや就寝の時はできるだけ片づけて車があればできるだけ直すほうが賢明だと思います。

それができないならテントの前室を使うなんてのもいいかもしれません。

値段32,000円

値段22,680円

そしたら、テントの入り口を南京錠で止めてもいいかもしれません!

ゆう
離れる時の対策は、例えば余分なサンダルなんか入口に置いたりライトをつけっぱなしにしてればいいかも!

出典:DOD

なんなら全部まとめて木にでも縛り付ければいいかもしれません。

要するに、いかに短時間で盗ませないかっていうのが大事になってきます。

隣の人たちとお話でもして、仲良くなる

出典:PIXTA

別に、友達になれって言っているわけではありません。

とりあえず挨拶はしておいたほうがいいと思います。というか、マナーですよ!

もし異変があれば、気づいてくれるかもしれません。

意外と単純で当たり前なことだからこそ、しっかりしておけばそれだけで防犯対策になりうるということです。

犯人役
盗む上で、人目にあまり付きたくないんでな。

 

まとめ

  1. 実際に起きた盗難事件の被害と統計。
  2. 初心者や家族連れにおすすめなのは区画分けされたキャンプ場!!
  3. テント周りは片づけて、人としてのマナーはしっかり守る。

正直、ほとんどの人が純粋に楽しんでいく。自然に対するマナーや人に対するマナーをしっかり守ってる中で、ほんの一部の人たちのせいで楽しいはずのアウトドアが悲しい思い出に変わってしまう。

確実に、そんな犯罪はゼロにしたいが現実問題それは限りなく無理なんでしょう。

ならせめて、この記事に書いた対策やそれ以外のいろんな対策を講じて一人でもつらい思い出を作らないためのアウトドア道を見つけていけることを願っています。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。